11/21 Stevie Richards (Sax/Modular Synth) + Ryosuke Kiyasu (Drums)





Stevie Richards (Sax/Modular Synth from Australia)

      + Ryosuke Kiyasu (Drums)


11/21(月) open 19:00 / start 19:30

Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)

& Bar Charge 800yen, Drink Order


APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1

 https://www.apollonoise.com/

 


Ryosuke Kiyasu (キヤスリョウスケ)

ドラマー / スネアドラマー。ソロとしてのライブ活動を2003年カナダのトロントでスタートする。

Jazzミュージシャンやノイズアーティストとのセッションや、自身リーダーバンドSETE STAR SEPT, Kiyasu Orchestraのドラマーとして活動。

2012年から現在まで灰野敬二氏の不失者のドラマーとしても活動中。

2016年 大手メディアサイトのVICEフランスに特集記事が掲載、台湾の新聞「Taiwan Times」にもインタビュー記事が掲載される。

2018年イギリスの国営放送 BBCニュースでソロパフォーマンスが取り上げられ、スウェーデンのアパレルブランド「Our Legacy」のCMにも出演。

2022年7月にアメリカのテレビ番組「MTV」でソロライブが放送され、8月に世界最大級の国際パーカッションフェスティバルÜberschlag Festivalに招待され演奏する。

現在までに世界55ヵ国をツアーし、200を超える作品(関連作含む)が世界各地のレーベルよりリリースされている。


Ryosuke Kiyasu Webサイト

http://jp.kiyasu.com/

facebook

https://www.facebook.com/dr.kiyasu/

instagaram

https://www.instagram.com/dr.kiyasu/

 

 


Stevie Richards :https://linktr.ee/stevierichards

スティービー・リチャーズは、現在オーストラリアのメルボルンに拠点を置く木管楽器奏者兼DIYエレクトロニクスのパフォーマーです。彼はヨーロッパ、アメリカ、日本で定期的に演奏し、ナーム/メルボルンのアバンギャルド/即興環境に積極的に参加しています。スティービーは、メルボルンのメイクアップ・イット・クラブのいくつかのキュレーターの一人であり、委員であり、2002年からはサウンドエンジニアも務めています。


80年代シドニーのオルタナティブミュージックシーンで演奏を開始、彼はそこで即興とエレクトロニックミュージックへの活路を見出しました。ミュージシャンとして、ソリストとして、そして意図的な国際的なコラボレーションを通じて、ノイズ、フリージャズ、アンビエント、エレクトロアコースティック音楽を吸収しながら積極的に活動を拡げてきました。


sl_richards、cleanlady、Cavies!、Richards/Palliser/Wadleyなど、いくつかのソロプロジェクトやアンサンブルで活動しています。


instagram : @noiseelectronique

linktree : https://linktr.ee/stevierichards

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

#shimokitazawa #livemusic #shimokitazawaapollo #apolloshimokitazawa #下北沢APOLLO #下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #impro #freeimpro #ジャズ #jazz #jazzmusic #freejazz #フリージャズ #アポロ #下北沢