5/4 坂口光央(syn) 瀬尾高志(b) akio jeimus(ds)





坂口光央(syn) 瀬尾高志(b) akio jeimus(ds)

5/4(水) open 19:00 / start 19:30

Tip for musicians 1000yen~ (投げ銭制 1000yen~)

& 800yen (bar charge), drink order

下北沢APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1

https://www.apollonoise.com/

坂口光央 https://enjyaqu.com/

京都出身。関西地方での演奏活動を経て、2008年より東京を中心に活動するkeyboardsynth奏者。エフェクティヴなキーボードや複数のシンセ、ピアノ、発信機材を同時に駆使し、即興演奏や実験的なプロジェクトにおいてソロ演奏を行うほか、ハードコアバンドからポップスバンドサポートまでその活動の幅は多岐にわたる。

これまで2012年2ndソロアルバム『Aerophotonic』、2017年3rdソロアルバム『Nervestone』をリリースしたほか、自身が主宰するユニット【stand alone-404】、一樂誉志幸とのデュオユニット【guru host】、ナスノミツル主宰の【teneleven】、大島輝之とのデュオユニット【wormhole】などから複数のアルバムリリースを行なっている。

また坂田明のユニットや石橋英子withもう死んだひとたち、山本精一、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS、見汐麻衣ユニットなどに参加するほか、山本達久(ds)と定期的に多くの即興企画ライブを行なっている。

瀬尾高志(contrabass)

1979年札幌生まれ。コントラバスを藤澤光雄氏に師事。

2001年、キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッション・ライブを重ねる。2006年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに『石田幹雄トリオ』で出演し、グランプリと横浜市民賞を受賞。

古くから使用されている羊や牛の腸のガット弦を使用して、太くてニュアンス豊かなベースプレイ、またハーモニクス(倍音)を駆使したアルコ奏法は独自の世界を確立している。

板橋文夫(pf)と竹村一哲(ds)とのトリオ『FIT!』、ベルリンのピアニストAchim KaufmannとのDUO、ケルンのピアニストSimon Nabatovのカルテット(坂田明as,ダレン・ムーアds) 、トリスタンホンジンガー(cello)のグループ『House of Wasps』や、近藤直司Bs、高岡大祐tuba、伊藤志宏pfとのDUOやバンド、酒井俊、カルメンマキ、宅"shoomy"朱美、寺田町,七尾旅人、デーモン閣下らシンガーとの共演、能楽師笛方の一噌幸弘との邦楽プロジェクト、コントラバス独奏、工藤丈輝、ジャン・ローレン・サスポータス、レオナなどダンサーとの共演も多い。また、コントラバス集団『漢達の低弦』を主宰。

ばんけいジャズフェス、横浜ジャズプロムナード、シンガポールWOMAD,RISING SUN ROCK FESTIVAL、PERCPAN(リオデジャネイロ、サルバドール)ASIAN IMPROVISATION ART EXCHANGE2010(ソウル)、ISB Convention 2013(Rochester.NY)など国内外のフェスティバルに多数参加。2015年8月トリスタンホンジンガー『House Of Wasps』でベルリン、オランダ、ベルギー、ロンドンツアー。2016年酒井俊との台湾公演、2017年アメリカ最古のサマーダンスフェスティバル"Jacob's Pillow Dance"に、レオナ(tap)瀬尾高志DUOで出演し大きな反響を得た。2019年、板橋文夫pf・林栄一as・ダレンムーアdsとクアラルンプール・オーストラリアパースTOUR、Perth International Jazz Festival2019に出演。

独自の感性と探求心で、ジャンルの垣根なく演奏活動している。

http://www.seotakashi.com/

akio jeimus

アキオジェイムスは、シカゴ出身の即興演奏家・ドラマー。2018年にアメリカから日本に渡り・現在、福島県に在住し、東京、仙台、会津などで活動している。

日本では大上流一, 照内央晴, Leo Okagawa, Tatsuhisa Yamamotoなど沢山のミュージシャン達と演奏している。

アメリカではChristopher Dammann, Ayanna Woods, Tatsuya Nakatani Gong Orchestra, 「Blacker Face」というアフロパンクバンドなどとの演奏経験がある。そして、「Cruutahn」・「Mixed Race Ethnostate」という即興バンド・「New Senses」というロックバンドに属している。

近年では、文部科学省の奨学金を受け、会津大学にてPOLYRHYTHM、VIRTUAL REALITY、音楽教育などに関連している研究を行っている。

また電子工学の学士号を持ち、2015年にはAESのコンベンションにて、自作のエフェクターが国際Student Design Competitionの国際賞を受賞した。

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

#shimokitazawa #livemusic #shimokitazawaapollo #apolloshimokitazawa #下北沢APOLLO #下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #impro #freeimpro #ジャズ #jazz #jazzmusic #freejazz #フリージャズ